#

無酸症(胃酸ゼロ)

無酸症とは、胃液に塩酸がない状態をいいます。全く塩酸の分泌が無くなった症例は、慢性胃炎や胃がんの場合です。 無酸症もしくは酸欠乏症は、以下のような体に多くの弊害を及ぼします。
  • 栄養失調- 食品から栄養素の吸収が減少
  • 鉄欠乏性貧血、食品から鉄分の吸収が減少
  • カルシウム不足、食品からカルシウムの吸収が減少した結果として、骨粗しょう症、 歯周病や歯周病のせいで歯茎後退になる
  • 一般的なアレルギーや食物アレルギー
  • 腸管壁浸漏症候群
  • B12欠乏
  • 胆石のリスク- 胆石を持ってる半分以上の人々が胆石のない人々と比べて、HCL(胃酸)の分泌が少なかったことが、研究で示唆されてます。
  • 糖尿病- 高血糖
  • 組織の修復が正常に機能しなくなる。
  • 皮膚の問題- 湿疹、乾癬、脂漏性皮膚炎、白斑
  • 腸内の細菌、酵母、寄生虫の増加
  • 膵臓分泌の低下- 食品を分解する酵素の大半が含まれているので、この分泌が少なくなると、さらにひどい同化吸収や栄養問題をもたらします
  • 胸焼けや胃酸の逆流 一般的に胃酸過多が原因であると考えられてますが、十分な胃酸がない場合、胃の食道の端を開閉する弁が正常に閉じません。
  • 潰瘍形成- ピロリ菌などの感染性物質から胃を守れなくなるため
  • 急速な老化-HCL(胃酸)は、メチル化された細胞を回復するために必要です
  • 発酵と腐敗
  • 肝機能の低下
  • 乳酸の酸化の減少
  • 白血球活性の低下
  • 二酸化炭素の貯留
  • 食後すぐの膨満感、げっぷ、および鼓腸
  • 消化不良- 胃もたれ
  • カンジダ菌
  • 胃のむかつき
  • 吐き気
  無酸症研究の参考資料: