#

アシドフィルス菌

アシドフィルス菌

アシドフィルス菌は、驚くほどの健康的な利益があります。カンジダ菌保護、膣炎保護、小腸の保護、免疫保護。こういった研究を遡れば、サラ博士とゲイリー博士が歴史を持っています。アシドフィルス菌は、「プロバイオティクス革命」という言う名本を出版しています。メリーランド大学医療センターによると、L.アシドフィルス菌は、プロバイオティクスとして知られている善玉菌の多い菌であり、上記に示しました、カンジダ保護や消化保護に重要な栄養素になります。

アシドフィルス菌を日常生活にこのL.アシドフィルス菌を取り入れることで、健康レベルを1ステップ上げることが可能である栄養素として、色んな研究が出ていますので、下記を参考にアシドフィルス菌を学んでください。

アシドフィルス菌とIBS防止&下痢予防

L.アシドフィルスは、腐った食べ物を食べることで生じる重症な下痢を防ぎ、軽減することができます。また、大腸菌やアストロウイルスのような様々なウイルスや細菌によって引き起こされる感染性下痢に役立つ可能性があります。

アシドフィルス菌と膣感染症の削減

L.アシドフィルスは、膣の細菌感染症の治療に効果があると言われています。L.アシドフィルスは通常、口を通して摂取されますが、これらの感染症を治療するときは、体の痛みがある部分にタブレットを挿入します。

アシドフィルス菌と細菌の再調整

抗生物質をとると、消化管にいるすべての細菌を殺してしまいます。人間にとって役に立つ菌までも殺してしまいます。L.アシドフィルスサプリメントは、そのような殺された菌を再配置することにより、消化管のバランスを再調整し、けいれんや鼓腸などの抗生物質の副作用に役立つことがあります。

アシドフィルス菌と乳糖の消化保護

あなたが乳糖不耐症(牛乳を飲むと必ずおなかが痛くなったり、冷たい牛乳に限って下痢をするという症状)である場合、乳製品をとることでL.アシドフィルスが、不快感やその症状を減らしてくれます。

アシドフィルス菌とコレステロールの制御

L.アシドフィルスは、血流のコレステロールを減らしながら”悪い”コレステロールとして知られている低密度リポタンパク質を減らします。

アシドフィルス菌とアレルギー防御

2005年9月号の“農芸と生化学”という雑誌によると、L.アシドフィルスは、アレルギーに苦しんでいる人たちを花粉に強くなるように助けると示しています。アレルギーに対するプロバイオティクスの効果をより知るために、さらなる研究が必要とされています。

「アシドフィルス菌」の研究の参考文献:

治療に使われるプロバイオティクス

アレルギー性鼻炎のためのアシドフィルス菌

結腸炎とアシドフィルス菌の研究