#

ブルガリア乳酸菌

ブルガリア乳酸菌は、ブルガリスク乳酸菌とも知られており、腸内細菌のバランスを整えるのに役立ち、おなかの調子を健康に保つ機能があります。
サーモフィラス菌との組み合わは、とても相性が良く、より多くの乳酸を生成するようになり、ヨーグルトなどを作る際には、この二つの菌の組み合わせで作れていることが多いです。
 

ブルガリア乳酸菌の効果

ブルガリア乳酸菌の効果として以下のことが挙げられます。
ブルガリア乳酸菌は、腸内にて酸性を保つ働きがあります。そのため酸性に弱い悪玉菌は減少し、善玉菌の活動が活発になります。そのため、腸の働きも活性化、健康となり、また病原菌に対する抵抗力も増します。ブルガリア乳酸菌は、腸内の毒素の軽減にも働き、消化吸収を助け、腸内の健康に大きく関係しています。
  • 免疫機能を助ける働き
ブルガリア乳酸菌は、免疫機能を高める効果が期待できます。ブルガリア乳酸菌は、毒素の中和を助け、有害な細菌を除去するのに役立ちます。そのため、免疫力のアップにつながります。また、ブルガリア乳酸菌は、ナチュラルキラー細胞(免疫細胞)の活性化にも貢献する働きを持っています。
  • 便秘解消に役立つ働き
ブルガリア乳酸菌は、腸内の環境改善に大変良く働き、腸の活動を正常にする、または、正常に保つためにがんばります。そして、腸の運動が活発になる事で、腸内の水分吸収がちゃんと機能し、便秘解消に一役買います。
  • 美肌を保つための働き
便秘=肌荒れの原因です。ブルガリア乳酸菌により腸内の毒素の中和、便秘解消により肌を正常に保つ効果が期待できます。
ブルガリア乳酸菌は、ラクトバチルス属になります。ピロリ菌は、ラクトバチルス属の乳酸菌の出す乳酸に弱いとされ、ピロリ菌に対抗するのに適していると言われています。ブルガリア乳酸菌が特にピロリ菌に対して優れているわけではないですが、ピロリ菌除去にも大いに貢献できることが期待できます。
 

「ブルガリア乳酸菌」の研究の参考文献:

ラクトバチルス·ブルガリア乳酸菌のラクトース代謝
ブルガリア乳酸菌と環境pHの影響
プロバイオティクス(アシドフィルス菌とブルガリ)と過敏性腸症候群の治療