#

カンジダと自閉症のダイエット

グルテン・カゼインダイエット

自閉症のお子さまは、グルテンやカゼインに敏感です。そのため、多くの方がグルテンやカゼインが含まれない食事をされています。
詳しくは、「カンジダと自閉症」をご覧ください。
 
 

カンジダと自閉症のためのダイエット

糖分は、カンジダ菌のえさになってしまいます。ジュースやキャンディーからの糖分だけでなく、炭水化物や果物にも含まれています。それらをすべて摂取しないようにしてください。砂糖の代わりにステビアを使うとか、ジュースの代わりに自家製レモネードを作るなど、考慮してみてください。
また、緑の野菜も摂取してください。茹でると消化しやすいので、茹でたものもお勧めです。お子さまには、無理やり食べさせるのではなく、お皿に盛り付けて、おいしそうに周りが食べることから始めてみてください。
そして、発酵食品もお勧めです。腸内をアルカリ性にするのに役立ちます。
上記のことをすると、数日でお子さまの集中力があがったり、言語能力が改善されたりなど、変化がでてきたという方もいらっしゃいます。また同時に、腸の不快感を感じる場合がありますので注意してください。
 

プロバイオティクス:腸内バランスを整える

カンジダを取り除くには、善玉菌を入れることが大切です。最善の方法は、発酵食品(キムチ、ザワークラウト、漬物、ケフィア(特にココナッツケフィア)を摂取することです。ケフィアを使用する場合は、無添加のものを選んでください。
善玉菌を簡単に摂取するには、プロバイオティクスのサプリメントがお勧めです。
 

「カンジダと自閉症のダイエット」についての研究参考文献:

自閉症スペクトラム障害における自律神経障害
自閉症のお子様の胃腸の状態と腸内細菌
自閉症のお子様の腸内細菌について