#

カンジダイースト菌

カンジダイースト菌

カンジダとは、一体なんでしょうか?カンジダとは、酵母形態の真菌で、口と腸の中に少量住んでいます。消化と栄養吸収を助ける働きがありますが、過剰に生産されると腸壁が破壊されるため、体中に有害な副産物がもれてしまい、リーキーガットを引き起こしてしまいます。 それにより、消化器問題からうつ病に至るまで、多くの健康問題につながります。  

カンジダ菌の異常増殖は、どのように起こるか

腸内の健康な細菌は、カンジダの正常な量を保ちます。しかし、カンジダの量が手におえなくなる場合もあります。その原因を以下にあげます。
  • 精製された炭水化物と砂糖(酵母のえさ)を多く含む食事を食べる
  • アルコールをたくさん消費する
  • 経口避妊薬(ピル)を服用する
  • 紅茶キノコ、ピクルスのような発酵食品をよく食べる
  • ストレスの多い生活
  • 善玉菌を多く殺してしまう抗生物質を使う
カンジダ菌に感染しているかどうかは、血液検査、便の検査、尿で腸内毒素症の検査などで調べられます。  

一般的なカンジダ症状

  • 皮膚や爪の真菌感染症(水虫や足の爪など)
  • 疲れ、慢性疲労、線維筋痛
  • 消化問題(膨満感、便秘下痢
  • 自己免疫疾患(甲状腺炎、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、ループス、乾癬、強皮症、多発性硬化症)
  • 記憶しにくい、集中力に欠ける、ADD(注意欠陥障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、脳神経衰弱症
  • 皮膚問題(湿疹、乾癬、蕁麻疹、発疹)
  • 神経過敏、気分のむら、不安、うつ病
  • 膣感染症、尿路感染症、直腸かゆみ、膣のかゆみ
  • 重度の季節性アレルギー、耳のかゆみ
  • 精製された炭水化物や砂糖を異常にほしくなる
 

カンジダの治療

カンジダの異常増殖を止めることが大切です。そのためには、善玉菌を復元・維持し、腸を回復することです。それにより、血流にカンジダが入ることを防ぎます。 1つの方法として、低炭水化物の食事に改善することが必要です。炭水化物は消費後は、糖分になり、その糖分は酵母のえさとなってしまいます。そのため、キャンディーやデザート、アルコールはもちろん、小麦も摂取しないように心がけましょう。 穀類、豆類、果物、パン、パスタ、じゃがいものような炭水化物は、1日200~300gを減らすだけでカンジダの成長を防ぎ、カンジダを殺す可能性もあります。発酵食品はすべて排除することをお勧めします。 自己治療の場合は、カプリル酸のサプリメントをお勧めします。これは、ココナッツオイルから来たもので、酵母細胞を殺す働きがあるからです。善玉菌に害を与えないので、安心です。  

カンジダとプロバイオティクス

カンジダの量を制御するために、善玉菌を回復する必要があります。それに一番いいのが、定期的にプロバイオティクスを摂取することです。25~100ビリオンのプロバイオティクスは、カンジダの量を減らし、善玉菌を回復するのに役立ちます。 消化管に害を与える炎症性食品を排除することで腸を癒し、消化と栄養吸収を改善する食品を摂取することで、カンジダの働きを防ぎ、健康が劇的に改善されるでしょう。  

「カンジダイースト菌」の研究の参考文献:

腸内のカンジダのコロニー形成 カンジダのコロニー形成の予防におけるプロバイオティク ココナッツオイルの抗菌特性