#

ディスバイオーシスと腸内毒素1

ディスバイオーシス 腸内毒素症の症状

ディスバイオーシス 腸内毒素症の症状

悪玉菌の代謝副産物は、毒性があり、いろいろな症状を作り出します。 消化管への影響が最も一般的であり、鼓腸、腹部膨満、腸の痛みや炎症、けいれん、便秘、または下痢などの症状があります。 しかし、これらの症状の原因の多くは、誤解されたり、誤診されています。 そして、その症状の治療を初めたとしても、根本的な問題、原因の解決はされないままになってしまい、もっと深刻な病気になってしまう場合があります。 ディスバイオーシスは、上記のような症状の原因と考えられるべきです。また、喘息、気管支炎、アレルギー、自己免疫疾患、乳癌、結腸癌、原因不明の疲労や精神神経症状がある場合は、ディスバイオーシスが原因であるかもしれない可能性を疑う必要があります。 胃腸の調子の悪さは、部分的と感じているかも知れませんが、実は、もっと多くの部分でディスバイオーシスの影響を受けています。 全身への影響は、身体のシステムや臓器に発生します。 口臭や副腎ストレス下痢カンジダリーキーガット症候群、大腸癌、乳癌などはディスバイオーシスの症状や結果のほんの一例です。  

「ディスバイオーシス 腸内毒素症」の研究の参考文献:

腸内毒素症と免疫疾患の影響 腸内毒素症の治療と調節について 炎症性腸疾患における腸内毒素症