#

FOSプリバイオティクス

FOSとは?

FOSとは、フラクトオリゴ糖のことです。これは、私たちの体は消化しにくいため、発酵を促進し、微生物を供給する大腸へと運ばれます。フラクトオリゴ糖(以下、FOS)は、“プレバイオティクス”(またはプレバイオティクス)と呼ばれており、腸内細菌のえさとして供給されます。
特定の乳酸菌は、イヌリンまたはFOSを優先的に発酵することがわかっており、腸内の善玉菌のための栄養ともいえます。
しかし具体的に言うと、善玉菌のみの栄養ではありません。イヌリンやFOSは、クレブシエラ(肺炎桿菌)の増殖を促すことがわかっています。これは、腸の透過性を増やしてしまいます。さらに言えば、多くの酵母菌は、イヌリンとFOSをエネルギーとして利用します。そのため、善玉菌(特にラクトバチルス菌)の成長を促進する良い面もあれば、有害な細菌のえさになってしまうともいえます。
 

FOSを含む食品

FOSが自然に含まれている食品は、アスパラガス、ニンニク、エルサレムアーティチョーク、チコリの根などです。
しかし、スクロース(糖分)が含まれているものは、健康に良くないため避けたほうが良いでしょう。イヌリンやFOSを濃縮されたものが入った加工食品よりも、天然のFOS食品を食べましょう。
 

FOS:水溶性食物繊維

イヌリンやFOSは、セルロースとは違い、迅速かつ簡単に発酵される水溶性食物繊維です。この2つは、ゆっくりと燃える残り火(セルロース)と荒れ狂う炎(イヌリン/FOS)のような違いがあります。
 

副作用について

イヌリンまたはFOSの副作用は、それぞれの耐性レベルにもよります。考えられる副作用は、鼓腸、膨満感、痙攣、腹痛、下痢があげられます。イヌリンやFOSが食品添加物として、食品に入ってきているため、副作用は増えるのではないかと考えられます。
 

FOSプリバイオティクス」の研究の参考文献:

繊維とプリバイオティクス
サルモネラ菌の阻害に対するプレバイオティクス
腸の健康管理とFOS