#

IBD 炎症性腸疾患

IBDとは?

炎症性腸疾患(IBD)は、消化管全体の慢性的炎症に関係しています。主に、潰瘍性大腸炎やクローン病も含まれます。症状としては、重度の下痢、疝痛、疲労、体重減少などがあります。時には、衰弱につながり、生命を脅かす合併症になる場合もあります。
 

IBDの症状

炎症性腸疾患は、炎症がどれほど重症で、どこで発生しているかによって、症状が変わります。クローン病や潰瘍性大腸炎に共通している、徴候と症状は以下のとおりです。
  • 下痢(IBDのある方に共通する症状)
  • 発熱と疲労
  • 腹部の痛みやけいれん
吐き気や嘔吐も発生する場合があります。
  • 血便
  • 食欲低下
  • 体重減少(栄養不良)
 

IBDの原因

炎症性腸疾患の正確な原因は、不明のままです。以前は、ダイエットやストレスが疑われていました。しかし、これらによって症状が悪化するかもしれませんが、IBDを引きおこす原因にはならないと言われています。
考えられる原因の1つは、免疫システムの誤作動です。免疫系が侵入してきた細菌やウイルスを撃退しようとすると、正常でない免疫系が消化管の細胞をも攻撃してしまいます。
 

IBDの治療

炎症性腸疾患の治療の目標は、その徴候や症状の原因となる炎症を減らすことです。一番の方法は、症状を改善するだけでなく、長期的にみて合併症のリスクを減らすことです。IBDの確実な治療方法は存在しないといわれており、通常は、薬物療法または外科手術が主流です。しかし、プロバイオティクス(乳酸菌)によって腸内細菌のバランスを整えることも1つの手段です。
 

ライフスタイルとホームケア

食生活とライフスタイルを変えることで、症状をコントロールしたり、再発までの時間を長くできる可能性があります。
特定の食品が、炎症性腸疾患の原因になるという証拠はありませんが、徴候や症状を悪化させる可能性はあります。そのため、以下のようなダイエットを試してみる価値はありそうです。
  • 乳製品を制限する
  • 低脂肪食品を食べる
  • 繊維に気をつける
(IBDの方は、新鮮な果物や野菜、全粒穀物のような高繊維食品は、症状を悪化させる可能性があります。生の果物や野菜が食べれない場合は、蒸したり、焼いたり、煮込んだりしてみてください)
  • 辛い食品、アルコール、カフェインなどにより症状が悪化するようであれば、避ける
上記の他に、1日の食事の回数を減らす(例:小さい食事を5~6回)とか、水をたくさん飲む、マルチビタミンを摂取する、栄養士に相談するなどさまざまな方法があります。
また、クローン病の発症リスクを増やす喫煙、ストレスなどをしっかりと管理し、ヨガのような軽いエクササイズをすることも腸の働きを正常化させるので、お勧めです。
 

「IBD(炎症性腸疾患)」の研究の参考文献:

IBDについて
IBD 炎症性腸疾患の洞察
炎症性腸疾患の現在の治療