#

腸内環境

腸内と免疫

腸の働きは、食べ物の吸収と消化だけではありません。
体の免疫システムの70%が腸に集中しているといわれているとおり、腸の健康は免疫と深くつながりがあるのです。免疫の健康は、体全体の健康に不可欠です。
 

悪玉菌と善玉菌

腸内には、悪玉菌と善玉菌と呼ばれる2種類の腸内細菌が存在します。この2つの細菌が、正常なバランスを維持することにより、有害なものを排除してくれ免疫の役に立ちます。しかし悪玉菌が多すぎると、免疫機能が低下してしまい、病気にかかりやすくなったり、回復力が遅くなってしまいます。腸内環境(善玉菌と悪玉菌のバランス)を整えることが、病気の予防・改善の秘訣とも言えるのではないでしょうか。
 

腸内環境の整え方の参考

  • 悪玉菌を減らす
悪玉菌が増えやすい食事は、避けたほうが良いでしょう。特に、肉類やタンパク質は悪玉菌のエサです。これらの食品から有害物質を出し、その結果、便秘下痢、動脈硬化、高血圧になってしまいます。
それでは、どうすることが良いのでしょうか。食物繊維がお勧めです。下痢や便秘を改善するのに役立つ食物繊維・食品(りんご、ばなな、きのこ類、海藻類、豆類、ブロッコリー、ごぼうなどの野菜)を摂取することで、腸内をきれいにしましょう。
  • 発酵食品
発酵食品は、乳酸菌で作られています。そのため善玉菌を増やすには、発酵食品も摂取しましょう。ヨーグルト(甘くないもの)、チーズ、納豆、漬物やキムチ、サワークラウトなどがお勧めです。
  • 適度な運動
運動をしないと腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。そのため、便秘の方は適度な運動と繊維摂取がよく勧められています。お腹の調子を整えるだけでなく、血行をよくしたり、汗により有害な物をだしたりなどで、さまざまな健康につながります。
  • ストレス管理
ストレスを溜め込んでしまうと、便秘になりやすくなります。ストレスが原因で、大きな病気につながる可能性もあるので、常にストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。
 

「腸内環境」についての研究の参考文献:

健康と病気における腸内環境
疾患と腸内細菌
人間の細菌と腸の反応