#

ラクトバチルス菌

ラクトバチルス菌

ラクトバチルスは、サワーミルク、チーズ、ヨーグルト、発酵野菜、飲料(ワイン・ジュース)、ソーセージなどを製造する際に使われます。ラクトバチルス菌として特徴付けられるものは、L.アシドフィルス、L.ブレビス、L.カゼイなどがあります。ラクトバチルス菌の効能をご欄ください。 ラクトバチルスは、人間や動物の胃腸管、口、膣に生息します。 抗生物質治療によって、腸内細菌のバランスが崩れるため、それを回復するためにプロバイオティクスとして使われる乳酸菌の1つが、ラクトバチルスです。  

ラクトバチルスの働き

ラクトバチルスは、以下のようなことに使われます。
  • ロタウイルスによるお子様の下痢
早くて半日で下痢が改善される場合もあります。
  • 抗生物質によるお子様の下痢を防ぐ
  • 入院中などに抗生物質治療を受けた大人の下痢を防ぐ
  • 癌治療による下痢を防ぐ
  • 赤ちゃんの疝痛
  • 肺感染
  • 潰瘍性大腸炎と呼ばれる腸疾患の治療をサポート
  • IBS炎症性腸疾患の治療をサポート
  • 細菌による膣感染の治療をサポート
  • 幼児と牛乳にアレルギーのあるお子さまの湿疹(アトピー性皮膚炎)を予防する
  • 胃潰瘍の原因となるピロリ菌感染症の治療のための処方箋としてサポート
  • クロストリジウム·ディフィシル菌による下痢の治療をサポート
 

「ラクトバチルス菌」の研究と参考文献:

病原性の細菌感染を防止するラクトバチルス 女性における尿生殖器感染症のラクトバチルス 腸粘膜免疫系の活性化を誘導するラクトバチルス·カゼイ