#

ラクトフェリン乳酸菌の効能

ラクトフェリンの他の名前

Apolactoferrin, Bovine Lactoferrin, Human Lactoferrin, Lactoferrina, Lactoferrine, Lactoferrine Bovine, Lactoferrine Humaine, Lactoferrine Humaine Recombinante, Lactoferrines, Lactoferrins, Recombinant Human Lactoferrin.

ラクトフェリンについて

ラクトフェリンは、牛乳と人間の母乳に含まれているタンパク質です。赤ちゃんが生まれたあと作られる最初のミルクである初乳は、ラクトフェリンが多く含まれていて、その後につくられる母乳の量の7倍にもなります。ラクトフェリンはまた、目、鼻、気道、腸、その他の場所の液体内にも含まれています。人々は、薬としてラクトフェリンを使います。 一部の人は、牛からとった薬用ラクトフェリンから“狂牛病”になるのではないかと心配しますが、このリスクは一般的に非常に低いと考えられています。さらに、ほとんどの薬用ラクトフェリンは、イネから取られます。 ラクトフェリンは、細菌やウイルス感染から保護するために抗酸化剤として使われ、胃や腸の潰瘍下痢C型肝炎を治療するために使われます。他の用途としては、免疫系を刺激し、老化に関係した組織のダメージを防ぎ、健康な腸内細菌を促進し、癌を予防し、体が鉄分を処理するのを調節します。 ラクトフェリンは、鉄分の欠乏や、激しい下痢などの、地球規模の健康問題を解決するのに役立つ可能性があるという研究者もいます。 工業用、農業においては、食肉の細菌を殺すために使われます。

ラクトフェリンの効能

ラクトフェリンは、腸内で鉄分の吸収を調節してくれたり、免疫保護の役割を行ってくれます。ラクトフェリンは細胞に鉄分を届けるのに役立ちます。 また、必須栄養素を奪うことで、、細菌の増殖を防止することによって、細菌感染から守るとも考えられます。母乳に含まれるラクトフェリンは、母乳栄養の乳児を細菌感染から守るとも信じられています。 細菌感染症に加えて、ラクトフェリンは、ウイルスや菌類による感染に対して活性的であると考えられます。 ラクトフェリンはまた、骨髄機能の調節に関与しているようで、体の防御(免疫)力を高めると考えられます。

「ラクトフェリン乳酸菌」の研究の参考文献:

ラクトフェリンの利益 ラクトフェリンと陰性細菌の破壊 ラクトフェリンと細菌の相互作用