#

リーキーガット症候群

リーキーガット症候群(リーキーガットシンドローム)は、鼓腸、ガス、痙攣、食物過敏、痛みなどの症状があります。
最大の免疫系器官である腸について、十分に知らない医師も多いため(医学学校では教えられていないため)、医療のミステリーとも言われています。

腸の透過性

リーキーガットの原因として可能性のあるものは、腸の透過性が増えることです。血流に物質が漏れてしまうのです。セリアック病クローン病の方は、これを経験しています。

リーキーガットの方が理解すべき点

リーキーガットの治療について

  • リーキーガットは腸が弱くなっているため、腸の透過性が発生します。そのため、小腸の粘膜を強化すれば、血流に物質が入ってしまうのを避けることができます。それでは、小腸の粘膜を強化するには、どうしたらよいでしょうか?そこで、お勧めなのがL-グルタミンサプリメントです。
  • 食事方法は、リーキーガットに大きな影響を与えていると考えられます。そのため、栄養について勉強して、バランス良い食事をするのがお勧めです。また、胃腸科に行って、医師に診てもらうのも良いでしょう。
  • 慢性的なストレスも、リーキーガットの原因に挙げられます。ストレスを和らげるためにできること(睡眠・話す・運動・好きなことをするなど)を、試みましょう。
ストレスを軽減し、食生活を改善するなど、生活習慣を見直すことは、リーキーガットに限らず健康のためにはとても大切なことです。

「リーキーガット症候群」についての研究の参考文献:

リーキーガットと自己免疫疾患について
腸の透過性における変化について
腸透過性、リーキーガット、腸の疾患