#

マイクロバイオームと帝王切開

私たちが産道を通り膣内の生物と接触した瞬間から、マイクロバイオームが発達し始めます。母親の肛門周囲の糞便料でさえ、新生児に健康維持するマイクロバイオームの接種を助けます。どの様に生まれたかに寄って、マイクロバイオームが最初にどのように発達するのかが異なり、炎症の先天的セットポイントに影響を与えるのです。幼児の腸内マイクロバイオタの破壊は、炎症、アレルギー、喘息、更には癌の様な免疫問題にもつながります。

自然分娩の場合ー

母親の膣マイクロバイオームに似た、細菌コロニー。  

有効的なプロバイオティクス、ラクトバチルスが多い。

より早く腸内膜を成長させるのを助ける有益な腸細菌、ビフィズス菌が多い。

ラクトバチルスは、危険になりうる細菌の成長を減少させる、少ない酸性の環境を作り、また乳糖やラクトースを燃料として利用する事ができる。

帝王切開の場合ー

皮膚上にあるマイクロバイオームに似た、細菌コロニー。

ラクトバチルス有害になり得るプロバイオティクス、スタフィロコッカスが多い。

抗生物質が用いられる場合が多い。

良い細菌の不足。

ー帝王切開による、病気のリスク増加

アレルギー5倍

ADHD3倍

自閉症2倍

セリアック病80%

成人後の肥満50%

1型糖尿病70%

ガーゼテクニック

何らかの理由で帝王切開を受ける時は、主治医と「ガーゼテクニック」を検討してみて下さい。これは、ガーゼを用いて母体の産道細菌を集め、そのガーゼを帝王切開の赤ん坊の口や鼻にこする事で細菌を伝え、自然分娩の赤ん坊に似た細菌を習得させる事ができます。