#

マイクロバイオームとは?

マイクロバイオームとは?」、私たちの体内に棲息しているマイクローブ(微生物)の集合体(オーム)です。特に腸管内のマイクロバイオーム(微生物)を腸内フローラ(細菌叢)と呼びます。顕微鏡で見るとまるで草むらか花畑のように見えるので、腸内細菌糞、腸内フローラとも呼ばれるようになりました。

人間の体の細胞の数は10兆ぐらいですが、微生物の細胞はその10倍の100兆で、私たちの 生物群系を構成しています。私たちの体内に住むあらゆる生物、善玉菌悪玉菌、日和見菌のすべてのバクテリア、ウイルス、真菌、原生動物(原生虫)、蠕虫、寄生虫、そしてこれらの微生物の持つ遺伝子(ヒト遺伝子の150倍以上、300万人以上の遺伝子に当たる)を含め、マイクルバイオームと呼びます。異なる数千種の細菌を含む驚異的な100兆ものの微生物が私たちの皮膚、口腔、鼻腔、耳管、胃、腸、膣と体の隅々に生息し、これは、あなたの結腸の一滴の液体の中で、なんと10億以上の細菌が居るということを意味します。またマイクロバイオームの重さは最大2キロにまで及びます。

マイクロバイオームは宿主である私たち人間の体に住んでいる単なる「居候」ではなく、私たちの病気や健康と密接な関係があることが、最近の幾つものの研究で分かりました。マイクロバイオームは、私たちの幸福で健康な生活を保つだけでなく、私たちの生存そのものに不可欠なのです。マイクロバイオームは私たちの健康のあらゆる側面、健全な吸収消化から、肥満になる可能性、そして糖尿病やがんになるリスクにまで関わってきます。私たちの体内に棲息する微生物は、脳内の化学成分、メンタルヘルス、私たちの気分や感情の起伏だけではなく、私たちのパーソナリティにまで影響を与えてくるのです。

私たちを取り巻く環境 (抗生物質摂取、予防接種、食材の農薬や除草剤、空気汚染なども含む) や日常生活からのストレスにより、私たちのマイクロバイオームの一部が消滅するといわれています。特に抗生物質の乱用は、私たちにとって有益な善玉菌まで末梢してしまい、現代人に自己免疫疾患、肥満や生活習慣病を引き起こしていると考えられます。

私たちのユニークな微生物の”指紋”が、人生の時間をかけて成長してゆきます、これは私たちの全てを反映します、親の健康状態、どこでどうやって生まれたか(自然分娩か帝王切開か?)、何を食べてたか(母乳で育ったかフォーミュラで育ったか?)、どこに住んでたか?、職業、個人衛生、過去の感染、吐露された化学物質や毒物、服用してた薬物、ホルモンのレベル、そしてマイクロバイオームはストレスにとても左右されるので、私たちの感情にまで反映されるのです。マイクロバイオーム(マイクロバイオタ)の構成は十人十色、一人一人に固有なので、あなた自身のDNAよりも、あなたをより正確に識別できるあなたのIDカードのようなものです。

マイクロバイオームは病気を引き起こす「バイ菌」でなく、全く正反対、ヒトの生態系に必要不可欠な役割を果たす、私たちを健康に生かしてくれるものなのです。最近ではマイクロバイオームを構成する細菌の遺伝子の解明が、遺伝子配列解読技術の進歩により進み、将来は一人一人の患者の腸内マイクロバイオームを調べることで、よう様な疾患のより有効な治療法を見つけ出すことができるかもしれません。

 

マイクロバイオームについての研究の参考文献: