#

パラサイト感染と疾患

パラサイトの感染の原因1

パラサイトはどこにでも住んでいます。一般に以下のようなことから、感染します。ライム病とよく似ている?ライム病を持つ人にパラサイトが多い?

ライム病(蚊、インセクト、虫刺され) • 外出から帰宅して手を洗浄せずに食物を手で掴んで食べる • お手洗いを終えて手を洗浄しない • すでにパラサイト感染している人間との接触(子供に多い) • 動物からの接触 猫や犬の唾液、毛 • 生水、果物、野菜などを食べる •生魚・生肉

パラサイトの感染原因2

• お金、クレジットカード • ショッピングカート • ドアノブ ドアの取っ手 • レストランのメニュー • 電車の吊り輪や公共の椅子、テーブル等

パラサイトを調査している政府の検査の現況では、食品となる動物を検査するのではなく、ただサンプルを食べるだけで調査は終わってしまっている事です。レストランやコンビニやスーパーで購入して食べるサラダや、生の果物や野菜はどうでしょうか?生の食品を食べることは、パラサイトの侵略リスクを増大させることも1つの感染原因です。 疾病対策センターによると、果物や野菜に関係した病気が増えているそうです。1つの理由は、新鮮な農産物が減っているということです。輸入した農産物の中に は、衛生設備が整っていなかったり、ヒトの糞便で育てられた農産物もあります。また、病気の原因となる微生物が含まれる食品も、外国から輸入されている事は現実に進んでおり、パラサイトを輸入してくることも現実問題です。こういった食品から、私たちは寄生虫のような有害生物を、知らずに体内に取り込んでいることも知りましょう。 寄生虫に感染する のは、食品だけではありません。食品を扱う人がトイレにいったあとに、手を洗わないことも原因の1つです。その人を通じていろんな食品に、寄生虫がわたっ てしまいます。個人衛生の欠如が、有害生物が広がる一般的な原因だとも言えるでしょう。他人によって取り扱われるものは、よく考えたほうが良いでしょう。 汚染の可能性が非常に高いものは、以下のようなものがあげられます。この他にも多くあるので、外出後は手を洗う習慣を、再度見直してみてください。

「パラサイトの症状と疾患」

寄生虫を制御するために努力をしているのにも関わらず、さまざまな理由のために寄生虫の影響は減っていません。それではなぜ、寄生虫感染は減らないのでしょうか。 それは、このことについてしっかりと話されていないからだと思われます。寄生虫の感染についての研究のために、多額なお金を寄付する人をみたことがありません。たまにこのことに触れた話し合いがもたれたとしても、誰が真剣に取り組んでいますか?  パラサイト除去と管理を読む

「パラサイト感染と疾患」の研究の参考文献:

寄生虫疾患におけるプロテアーゼ 寄生虫疾患のコントロール アトピーやアレルギー性疾患に対する保護