#

逆流性食道炎について

逆流性食道炎は、「胃酸の逆流を起こす病気」です。 食道と胃のライニングが何度も胃酸にさらされることで、ライニング(粘膜)が溶け、炎症を起こしてしまいます。  

代表的な症状

  • 胸焼け・胸の不快感
  • 口やのどにすっぱい胃液を感じる(呑酸)
  • 胸のつかえ
  • 胸の痛み
  • 喉の違和感・慢性のせき(咳が止まらなくなったり、声がかすれたり、出にくくなる)
胸焼け・胃のむかつきは、“胃癌のサイン”とも言えるので、要注意です。 「いつものこと」「そのうちよくなるだろう」と軽く流し、市販の胃薬を飲むだけで、積極的な手を打たない方が多いです。 まずは、胸焼け・胃のむかつきの原因となる、コーヒー・アルコール・酸味の強い飲み物・ストレスを避け、医師に相談してみましょう。  

注意すべき点

逆流性食道炎は、基本的にはそれほど危険な病気ではありません。 しかし以下のように、逆流性食道炎と似たような症状で、生命に関わる危険な病気もありますので、自己判断はせず医師に相談しましょう。
  • 胸の痛み・・・「狭心症」や「心筋梗塞」
  • 食べ物を飲み込むときにつかえる・・・「食道がん」自覚症状を感じたら、癌が進行している可能性もあります。
 

逆流性食道炎になりやすい方

以下にあてはまる方は、食事方法とライフスタイルを改善しましょう。
  • 若いころからアルコールをよく飲む
  • 肉類や脂っこいものが好き
  • 早食い
  • 暴飲暴食
  • 夜遅くに食事をする
  • 肥満
 

「逆流性食道炎について」の研究の参考文献:

裂孔ヘルニア 食道炎と炎症 逆流性食道炎の発生率とリスク要因