#

サッカロマイス菌

サッカロマイス菌(ブラウディ)は、酵母、真菌の一種です。以前、サッカロマイス菌は、以前に酵母の特殊な種として認定されていましたが、現在は出芽酵母(パン酵母)の菌株であると考えられています。研究により、今日では、医薬として使用される場合もあります。
 

サッカロマイス菌の効能

  • 下痢を抑え、予防にも役立つ働きがあります。
腸によって引き起こされる悪玉菌の増殖による下痢や子供のロタウイルスによる下痢、旅行者下痢、経管栄養、または抗生物質の使用に起因する下痢に対応、サポートする機能があります。
  • 消化に関係する症状を緩和する機能があります。
一般的な消化不良、過敏性腸症候群(IBS)、炎症性腸症候群(IBDクローン病、潰瘍性大腸炎)、ライム病、再発性クロストリジウム·ディフィシルと呼ばれる腸疾患、短腸症候群、または細菌異常増殖に対抗、中和する働きがあります。
  • 下記症状を改善する働きがあります。
乳糖不耐症、尿路感染症(UTI)、膣の酵母感染、高コレステロールレベル、じんましん、発熱水疱、口内炎、または、10代のにきびなどの改善にサッカロマイス菌(ブラウディ)が効果のある働きがあると示されています。

その他の働き

  • IgAの腸分泌を高める
  • 免疫を調節する
  • 炎症性サイトカイン経路を阻害する因子を分泌
サッカロマイス菌(ブラウディ)は、腸内で病気の原因となる細菌や酵母などの生物を撃退するのに役立ち、“優しいイースト菌”と呼ばれています。
 

「サッカロマイス菌」の研究の参考文献:

抗生物質に関係した下痢の予防
クローン病の治療管理
サッカロマイス菌の属性