#

SIBOの便秘と下痢

「SIBOの便秘と下痢」は小腸内細菌の排出するガス、メタンガスもしくは水素ガスによって引き起こされます。メタンガスを生成する腸内フローラまたは古細菌が、小腸内に異常繁殖すると慢性便秘を引き起こし、水素ガスを生成する細菌が下痢を引き起こすと、研究で報告されています。 小腸細菌異常増殖(SIBO)の症状には長いリストが付くものですが、SIBOのトレードマークの症状は、まるで妊婦のようにお腹が張り出してきて苦しい、ガスがたくさん出る、および慢性の下痢や便秘、またはその両方を繰り返す、などです。

SIBO症状

消化管全体には、善玉菌悪玉菌も含まれています。小腸には大腸とは異なる細菌が含まれています。 小腸細菌異常増殖(SIBO)の場合、小腸には大量の細菌が含まれており、これらの細菌は、結腸の細菌に非常に似ています。これらの細菌は、糖および炭水化物を分解し発酵させる時に、大量の排ガスを発生させます。 このガスはげっぷ、腹部の膨満感および鼓腸の原因であるだけでなく、生成する排ガスの種類、メタンガスもしくは水素ガスに応じて、慢性的な便秘下痢を引き起こします。メタンガスを生成する腸内フローラまたは古細菌が慢性便秘と関連していることが、科学文献に記されています。また水素ガスを生成する細菌が、小腸内に異常繁殖すると下痢を引き起こすと、研究で報告されています。 SIBOとIBSの関連性を調べたいくつかの研究では、呼気試験がメタンに陽性であったIBSの患者たちの100%が、便秘型IBSであることが分かりました。この人々は、他のすべての被験者と比較して、平均4倍の便秘の重症度を持っていました。細菌によって産生されるメタンガスの量は、結腸通過時間と相関しています。腸内で細菌がより多くのメタンガスを排出すればするほど、通過時間はより遅くなる、という事です。  

「SIBO の便秘と下痢 」の研究の参考文献: