#

SIBO テスト l アメリカSIBO テスト

SIBO テスト l アメリカSIBO テスト」は、ラクツロース呼気テスト(LBT)で、広くアメリカの医療関係者によって使用されています。

SIBOの検査(シーボテスト)は、残念ながら完璧なテストは、正直言って現在ありません。SIBOが疑われる場合、一般的には、水素呼気検査が行われています。水素呼気テストは、あなたの小腸に生息している日和見細菌によって放出される過剰の水素(H)とメタン(M)・ガスを測定するという、非侵襲的で安価なテストです。ラクツロース、デキストロースまたはグルコースが与えられ、テストは少なくとも3時間の小腸通過時間にわたり、20分間ごとに測定されます。あなたがテスト中に、水素やメタン・ガスの少なくとも20 ppmを記録した場合は、アクティブなSIBO感染陽性です。

ロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ病院の消化器科のディレクターであるマーク・ピメンテル博士は、SIBOを診断するためには、このラクツロース呼気検査(LBT)だけを使用しています。彼は現在、19000件以上のLBTを行い、医師たちが正確に解釈できると、このテストは精度の高いものになる、と考えています。ピメンテル博士は「A new IBS solution」の著者で、アメリカでのSIBOの第一人者であります。ピメンテル博士率いるチームの二重盲検ランダム化研究では、IBS患者の84%が、ラクツロース呼気検査によって検査され、SIBOを有していたことが示されました

このLBTは、前日の昼間に特別な食事を取り、夕食を抜き12時間の絶食の後、翌日の午前中にラクツロース糖液が与えられ、測定は1〜3時間かけて行われます。人間はラクツロースを消化吸収することはできません。唯一腸内細菌が、これを行うための適切な酵素を持っているのです。細菌は、ラクツロース糖液を発酵し、水素およびメタンガスを発生します。これらは、血流中に拡散し、息を介して吐き出されるので、異常増殖がある場合、水素およびメタンガスの濃度に反映されてきます。

テストマーカーとしてグルコースを使用した場合は、多くのSIBO陽性症例を見逃してしまいます。なぜならば、グルコース(ブドウ糖)は簡単に日和見細菌によって分解され、小腸の最初の約90㎝以内に吸収されます。ですのでグルコース呼気テスト(GBT)では、小腸の遠位部の約5メートルで細菌の異常繁殖があった場合、テストには反映されません。しかし、全ての腸内細菌がラクツロースを発酵して増殖するわけではないので、細菌の異常増殖を決定するためには、ラクツロース呼気テスト(LBT)とグルコース呼気テスト(GBT)の両方とも行なうのがベストでしょう。

 

SIBO呼気検査の研究の参考文献: