#

ストレス胃炎

ストレスと胃の関係

ストレスと胃の問題は、関係があることはよく知られています。ストレスを受けているとき、消化不良が起こったり、鈍痛や慢性的な胃の問題が生じます。胃の問題がすべてストレスというわけではありませんが、ストレスが体にどのように負担を与えるか知っておきましょう。
 
 

生活上のストレス

ストレス自体が胃の問題を引き起こすことはありませんが、病気中のストレスは、胃炎や潰瘍などの問題を引き起こす可能性があります。そのため、ストレスのタイプを区別することが重要です。
心配、不安、悲しみなどの精神的、情緒的なストレスを、「精神的ストレス」と総称しています。その他には、連続的に激しい運動をしたときに体が受けるストレスを「物理的ストレス」と呼びます。
このような精神的・物理的ストレスには、ライフスタイルを変えることが大切です。薬の過剰摂取と過剰なアルコール摂取、大量のタバコ喫煙と不規則な食事などは、ストレスがあるときに起こりやすいです。これらの行動が、胃炎や潰瘍を引きおこす可能性がありますが、ストレスそのものが原因ではありません。
 

病気とストレス

しかし、体へ影響を与えるストレスは他にもあります。この場合は、医学的な治療を受けている方の、深刻な状態や衰弱によるストレスです。以下の例があげられます。
  • 衰弱する病気
  • 広範囲のやけど
  • 大手術
  • 重篤な外傷
  • 人工呼吸器
  • 多臓器不全
上記のようなときにストレスを受けると、適切な管理がなければ死につながる可能性もあります。ストレスにより誘発された胃炎、ストレス潰瘍症候群ストレス性胃炎になる可能性もあります。
 

ストレス性胃炎とストレス潰瘍の治療

治療方法は、医学的な治療とストレス治療があります。
―医学的な治療―
―ストレス治療-
ストレス誘発性胃炎やストレス潰瘍は、心理的ストレスが関係しているときは、医学的治療なしで長期的に管理することもできます。
最初は医学的に治療されるべきであり、その次には再発を防ぐことに焦点をあてる必要があります。そして、ストレス管理が鍵となります。心理的ストレスのある生活を変えることで、胃の問題を改善する可能性があります。
 

「ストレス胃炎」についての研究の参考文献:

ストレス性潰瘍について
ストレス潰瘍と胃粘膜バリアの維持
重症小児のストレス潰瘍、胃炎、胃腸出血