#

ストレップトコーコス乳酸菌の効能

「ストレップトコーコス乳酸菌の効能」は胃腸の健康を促します。自閉症や副腎疲労にて、PANDAS パンダス/PANSパンスという症状があります。これは、一般に扁桃腺の腫れから体内に潜むウイルス現象の1つです。ストレップ乳酸菌は、ウイルス反応や炎症が多い場合に利用出来る乳酸菌の1つです。ロシアの生物学者でありノーベル賞受賞者であるイリヤ·メチニコフが、彼の著書「The Prolongation of Life(不老長寿)」に彼の長寿の研究について書いたのですが、1907年というかなり前から、細菌株ストレプトコッカス·サーモフィルスは、胃腸の健康を促すことが知られていました。ノーベル学者のメチニコフ氏は「乳酸菌は健康にとって有益な微生物である」という提唱を、100年前にしていたのです。  

ストレプトコッカス·サーモフィルスはヨーグルトを作るスターター乳酸菌です

ストレップトコーコス乳酸菌(学名:ストレプトコッカス·サーモフィルス、通称:サーモフィルス菌)は、ラクトバチルス菌(学名:ラクトバチルス·ブルガリクス、通称:ブルガリア菌)とともに、ヨーグルトを作るために使用されるスターター菌株として、国際規格で認定されています。スーパーなどの食料品店で販売されているヨーグルトの多くは、こういった純正のヨーグルトではありません。適切なプロバイオティクス菌株を使用してないヨーグルトは通常より高価です。いくつかの製品はプロバイオティクス菌株を使ってますが、それでも培養工程の後に、製品は低温殺菌されます。低温殺菌は、有害な細菌を殺しますが、それはまた、ストレップトコーコス乳酸菌などのとても健康に良い「生きた善玉菌」をも殺してしまうのです。 サーモフィルス菌とブルガリア菌の株を購入することにより、ヨーグルトは簡単なレシピで、各ご家庭で作っていただけます。ヨーグルト・メーカーを使えば手間暇かけずに作れます。これらのプロバイオティクス培養は、健康食品店、オンライン、さらにいくつかの食料品店の健康食品のセクションで売られています。このヨーグルトの製造過程は、消化器系の健康に有益です。ラクトースとして知られる生きた善玉菌は、牛乳で砂糖を発酵させます。ラクトースは、ラクトース不耐症の予防にとても効果的である乳酸に変換されます。乳酸の産生は、pHを低減し、牛乳凝乳における結果すっぱくなります。これはまた、食中毒を引き起こすバクテリアの繁殖を防止します。  

ストレップトコーコス乳酸菌等のプロバイオティクス菌株にますます依存する酪農産業

ストレプトコッカス·サーモフィルスの細胞構造は、細菌がこのような高温を必要とする多くの乳製品の発酵プロセスに耐えることが出来ます。ストレップトコーコス乳酸菌は、表面タンパク質を含む遺伝子を欠いています。粘膜組織にくっついて、体の防衛機能から逃れるために、有害なバクテリアがこれらの表面タンパク質を使うので、これは重要です。いくつもの進行中の研究および実験によって、ストレプトコッカス·サーモフィルス株が改良されています。この改良された株は、多くの乳製品の一貫した良い風味と食感を担います。また、安定した発酵とバクテリオファージに対する抵抗力を強めます。 ストレップトコーコス乳酸菌はヨーグルトに加えて、モッツァレラチーズを含む乳製品にスターター培養物として使用されています。ストレプトコッカス·サーモフィラスもエキソポリサッカライドを生成します。これらは、発酵乳製品の質感にも、また低脂肪の乳製品の生産に不可欠です。ストレプトコッカス·サーモフィラスは、チーズのような乳製品中のタンパク質のカゼインを分解することが出来ます。これはタンパク質を、低脂肪チーズの質感および風味の成熟のために必要とされる、より小さなペプチドおよびアミノ酸に分解します。異なる細菌株は異なる特性を持つチーズを生産します。サーモフィルス菌は、例えば、ほとんど苦みのない、とてもマイルドな良質の低水分チェダーチーズを生産します。しかし、色んな特性を持つ細菌株と組み合わせることにより、低脂肪チェダーチーズは、全脂チェダーチーズにとても類似した、より高品質で美味しいチーズに製造することができます。ストレップトコーコス乳酸菌は、乳酸菌の中で最も商業的に重要なものの一つと考えられています。今日の米国の400億ドル規模の酪農業は、ストレプトコッカス·サーモフィルスと他のプロバイオティクス菌株にますます依存しているのです。 「ストレップトコーコス乳酸菌」に続く   ストレップトコーコス乳酸菌の研究の参考資料: